シミを徹底的に除去するなら皮膚科で【綺麗さっぱり無くなり美肌へ】

種類がある

鏡を見る女性

どうしてできるのか?

肌のトラブルといえば、シミを思い浮かべる人が多いでしょう。シミは、紫外線を浴びることで発生します。10代や20代という若い世代の人は、シミで悩まされることはありませんが、20代後半から徐々にシミが出てくるので気になりだすでしょう。また、30代ともなればより一層肌にできるシミが気になって仕方なくなってきます。どうして年齢が上がるにつれてシミが出てきてしまうのでしょうか。この理由は、ストレスや睡眠不足、ホルモンバランスの乱れなどが加齢とともに起こりやすくなるからです。それに、年を重ねるごとに肌の組織の働きも低下していくのでシミができやすい体質になってしまいます。

発生するメカニズム

肌にシミができてしまうのは、紫外線を浴びる、ビタミンやミネラルが不足するなどで起こります。また、睡眠不足や加齢も発生する要因です。紫外線で発生するのは、肌のメラノサイトが刺激されてメラニン色素の生成を促進させてしまいます。そうなると肌の色は黒っぽくなってシミが完成します。また、肌へ必要な栄養が足りないことでも起こります。栄養不足となったら、活性酸素が増えてしまうので色素沈着が起こってしまうのです。最初は小さいものであっても、徐々に広がっていき広範囲になってしまうので加齢とともに増えていきます。それに、メラノサイトは肌の奥底にあるので洗顔料などで落とすことができず、結果的にシミが発生してしまいます。

色々な種類がある

シミのメカニズムがわかったところで、次はシミの種類をご紹介します。種類とは、そばかすや肝斑などになります。そばかすは、先天性または後天性のどちらかになります。先天性のものは、遺伝性が高くて思春期に発生することが多いです。後天性は、紫外線・不規則な生活・間違ったスキンケアなどによって発生します。そばかすは、一般的なシミに比べると小さいのですが数が多くて鼻や頬に散らばった状態で発生します。肝斑は、頬や目の周りに発生するものです。左右でほとんど同じ位置にできることが多く、一般的なシミと見分けにくいといわれています。しかし、見分け方はあります。それは、一般的なシミに比べると広がった状態で発生します。原因は、ホルモンバランスの崩れや紫外線になります。特に女性ホルモンが大きく影響するので、妊娠や出産で発生したという人が多いです。

皮膚科で除去できる

どんなタイプのシミであっても、皮膚科に行けば除去することができます。有効的な除去方法として挙げられるのは、レーザー治療です。皮膚の奥底に光を照射してメラニン色素を剥がし、シミを除去できるようにします。綺麗に除去できるので、今まで悩んできた肌トラブルを解消することができます。

先生

レーザーで除去する

皮膚科でシミを除去するとなれば、どんな方法があるのか気になるでしょう。今注目されているのは、シミ取りレーザー治療です。レーザーを照射することで、肌の奥底から除去できるようになります。

頬を触る人

当日の流れは?

シミ取りレーザー治療を皮膚科で受けるとなれば、当日の流れについて知っておいたほうがいいでしょう。そうすることで、不安も無くなりますしスムーズに施術を受けられるようになります。

鏡を見る女性

治療に必要な料金

肌のシミを取る為にレーザー治療を皮膚科で受けるとなれば、一体いくらかかるのかと気になるでしょう。皮膚科によって異なりますが、大体の費用相場をご紹介しますので参考にしてみてください。

カウンセリング

後悔しない病院選び

シミを除去する治療を受けるとなれば、どこの皮膚科に行けばいいか悩むかと思います。そんな時は、まず皮膚科の評判を確認し、医師の実績を確認しましょう。そうすることで、安心して治療を受けられるのか判断しやすくなります。